三連休は台風が来たこともあって、
シグマのカメラを持って出かけることをしませんでした。
かと言って、家にこもっていたわけではなく、
傘を持って電車に乗って繁華街に繰り出したりはしました。

カメラを何一つ持たずに出かけるのは落ち着かないので、
やっぱりですが、ソニーのα7IIを持って行きます。



DSC00383
SONY α7II + MC-11 + SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art



やはり手持ちのSAマウントレンズが使えるのはいいですね。
SD1 Merrillでは気付かなかったレンズのデカさを再認識させられますが…。

Artレンズは概ね手振れ補正が入ってませんので、
ボディ内に強力な手振れ補正が入っているのも助かります。
こんな絵柄ですと、ベイヤー特有の描写も感じられず良好な仕上がりですね。



DSC00379
SONY α7II + FE 50mm F1.8



この光が足りない状況をQuattroで撮っていたら、
暗部やアウトフォーカス部を見て凹んでいたかもしれませんね。
α7IIのこの描写には個人的にはそこそこ満足しています。



* * * * * * * * * *



もう半年も経たずに次のCP+がやってきます。
シグマがQuattroセンサーを世に送り出してから丸4年です。
否応なしに新しいセンサーの発表に期待が高まります。

MerrillセンサーはSD1発表(2011年5月)から数えても、
3年足らずで世代をQuattroに受け渡したことになります。

今振り返ると、
DP3 Merrillが発売されたのが2013年2月です。
もうその翌年の2月にはdp2 Quattro発表、6月に発売です。
今でも僕の信頼のおける相棒、DP3 Merrillは、
わずか1年ほどで最新センサーではなくなったということです。

この事例からすると、
sd Quattro Hが出たばかりと言っても昨年(2016年)の12月です。
十分来春に新センサー発表してもいいタイミングですよね、シグマさん。



もう勝手に新センサーに期待を膨らませていますが、
Quattroセンサーを黒歴史として葬り去るような、
本来の惚れ惚れするようなFoveon画質に回帰してほしいものです。



でないと、来年はソニーに本格投資を始めてしまいますよ。(笑)


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
[最近] THUMBNAIL GALLERY
  • 朝の小径
  • 朝の小径
  • 朝の小径
  • ES(IT)
  • ES(IT)
  • ES(IT)
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • 独逸街角散歩
  • 独逸街角散歩
  • 独逸街角散歩
  • Storefronts 2
  • Storefronts 2
  • 構想の死角
  • 構想の死角
  • 構想の死角
  • 沼島、再び
  • 沼島、再び
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • Williamsburg Bridge
  • Carnegie Hall
  • Carnegie Hall
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • 令和モダン
Search (記事検索)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク)数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonの写真集販売は終了しました。
Jersey Stories (SF World of Photos)
saikin_photo (SF)
2014


お問合せはgmailのsaikin.photoまで

≪ プロフィール ≫


saikin_photo

= Saikin Foto
= SF が正体です。

メインサイト(旧)はこちら
SF World of Photos

ワイン話は別ブログで
Red Red Wine


© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。


コチラもどうぞ…



  • ライブドアブログ