明日から家族旅行でグアムへ行きます!
沖縄じゃないリゾートを考えていたらこうなったわけですが、
よりによって北の将軍様が攻撃目標と宣言されています。(笑)
じたばたしても仕方ないので、
核弾頭が積まれないことを祈りつつ行ってきたいと思います。

で、前日の今日はどこかへ出かけもせず家でボーッとしています。
一瞬、京都のヨドバシにカメラでも触りに行こうかなと思いましたが、
要らぬ出費をしてしまいそうで、グッとこらえました。
と言うのも、最近ソニーのα7IIがお気に入りで、
下手するとα7RIIなんて危険なものに手を出してしまいそうだからです。

シグマ純正MC-11アダプターでSAマウントレンズを、
ソニー純正LA-EA4アダプターでミノルタAマウントレンズを、
とっかえひっかえ使えるのが、最初は楽しかったわけですが、
実はそんなことよりα7IIの画質自体が十分使えると思えてきて、
最近はついつい出動させてしまうのです。
旅行中になる明日はそんなα7IIの写真をアップしようと思っています。

さて、あれほどベイヤー式のセンサーに失望していた自分が、
画質向上したとはいえローパスフィルターレスでもない画像で満足するとは、
いったい何事なのかとよ~く考えてみると、
前にも書いたように、絶大なる信頼を寄せていたFoveonが、
「Quattro」という微妙なものに変わり果てたからだと気づきます。
そう、微妙なQuattro画質が、まったく別次元と信じて疑わなかった
FoveonとBayerの間の溝を「微妙に」埋めてしまったのです。(笑)

な~んてことを考えつつ、
自宅から適当に撮った写真で比較考察をしてみました。



このようなつまらないものですが、家から出ませんので仕方ないです。(笑)
SDQ_0943
SIGMA sd Quattro + 35mm F1.4 DG HSM | Art



どうせ拡大するんだから同じレンズでやればよかったと思いましたが後の祭り。
α7IIには近しい画角のFE 50mm F1.8を装着。
Artレンズと比較するのはかわいそうですが、
まあ比較自体が例によって適当ですので…。



まず気になるのがQuattroのアウトフォーカス部の変な描写。
DSC00350



昔から指摘させてもらっているQuattro風味というやつですが、
どこをどうやればベイヤーよりも不自然な画になるのでしょう?



等倍で見る解像ならやっぱりFoveon。なかなか優秀なα7IIでも歯は立ちません…
SDQ_0942
…と言いたいところですが、
当然差はあるのですが、それほどの差とも思えなくなっている自分がいます。



そうそう、僕には最後の砦となるMerrillがありました。
Merrillのアウトフォーカス描写も比較しておきましょう。



SDIM5638



SD1 Merrillとsd Quattroでは画素数が違いますので、
正確な等倍比較にはなっていませんが、
Quattro風味のような不自然さはまったくないですね。

もう世に出してしまったものは仕方がないとして、
(もしこのブログをご覧であれば)シグマはこれを教訓に、
次世代センサーではFoveonの本領に回帰してほしいものです。
でないと、Merrillも旧モデルとなった今、
真剣にSony転向に動いてしまいそうですから。



Quattroは解像がすばらしいとか、色がよくなったとか、
褒めまくっている著名なFoveon使いの方がたくさんいらっしゃいますが、
本当に思っていることを言わないと健康に悪いです。
大好きなシグマをディスるのは心苦しいですが、
僕はあえて言い続けます。



「王様の耳はロバの耳!!」



Comments

    • tom's comment
    • 2017年08月15日 12:54
    • 初めまして、いつも興味深く拝見させていただいております。
      merrillとquattroの描写の違い、等倍で比較掲載されている方は意外と少ないので助かります。

      dp2merrillでfoveon センサーの誤魔化さない画質に惚れて、dp0quattroも購入しました。
      先日屋久島をquattroで撮ってきたのですが、太鼓岩からの森の遠景が、期待よりベタ塗り感が強く、以前dp2merrillで青木ヶ原の遠景を撮ってモノクロ現像したときの感動が無いと思っていました。
      画角も違うのでレンズの収差などの影響かと思っていましたが・・こちらのブログを拝見して、quattroによるものと確信しました。

      最新のsppでもやはり個人的にquattroの画には100点満点はなかなか出せそうに無いです。。
      現在dp3の購入を考えており、カメラ基本性能が高いquattroにするか、じっと我慢のmerrillの中古にするか迷っていましたが、まだ出回っているうちにmerrillを買おうと決めました。
    • saikin_photo's comment
    • 2017年08月16日 06:33
    • tomさん

      merrillも新品で買えなくなって久しいですが、中古も確かに出回っているうちに入手しないと、
      これまたゲットできなくなるかもですね。
      過去からmerrillとの比較はさんざんやってきたのですが、(ここに載せてないの含め)
      最近ベイヤー機にも劣るんじゃないかとショックを受け、またもやQuattroディスり記事を上げてしまいました。(笑)
      merrillを使い倒しながら心静かにシグマの改心を待つしかなさそうです。

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
[最近] THUMBNAIL GALLERY
  • 朝の小径
  • 朝の小径
  • 朝の小径
  • ES(IT)
  • ES(IT)
  • ES(IT)
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • 独逸街角散歩
  • 独逸街角散歩
  • 独逸街角散歩
  • Storefronts 2
  • Storefronts 2
  • 構想の死角
  • 構想の死角
  • 構想の死角
  • 沼島、再び
  • 沼島、再び
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • Williamsburg Bridge
  • Carnegie Hall
  • Carnegie Hall
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • 令和モダン
Search (記事検索)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク)数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonの写真集販売は終了しました。
Jersey Stories (SF World of Photos)
saikin_photo (SF)
2014


お問合せはgmailのsaikin.photoまで

≪ プロフィール ≫


saikin_photo

= Saikin Foto
= SF が正体です。

メインサイト(旧)はこちら
SF World of Photos

ワイン話は別ブログで
Red Red Wine


© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。


コチラもどうぞ…



  • ライブドアブログ