覚えておいででしょうか?
セカンド・チルドレン(交換フォーカシングスクリーン)を搭載した、
実用型SD1 Merrillが「弐号機」であったことを…。
(参照:SD1 Merrill 補完計画) 

そして、そのフォーカシング性能を試すべく、
弐号機がポートレート撮影の実戦についに投入されたのです!



SDIM4659
SIGMA SD1 Merrill + 50-100mm F1.8 DC HSM | Art




SDIM4661
SIGMA SD1 Merrill + 50-100mm F1.8 DC HSM | Art



な、なんてピントが合わせやすいんだ!
ファインダーで見た合焦のまま、バチバチ決まっている!

それもそのはず、
このスクリーンはニコンFM3A用のタイプK3というもので、
その性能にはかなり定評があるようです。
マット面はザラつかず、それでいてピントの山はつかみやすく、
ファインダー全体は明るく見やすくなっています。

スプリットイメージの円内も素通しではなく、
マット面のようにアウトフォーカスで像がボケる。
これって何気にすごい。
スプリットイメージ合わせながら合焦が確認できるのです。



ピント合わせが課題だった85mm F1.4も試しました。
SDIM4764i
SIGMA SD1 Merrill + 85mm F1.4 EX DG HSM

 

いいんじゃないでしょうか。
歩留まりはかなり上がった気がします。



以下、例によって凡庸な内容ですが、もう何枚か上げておきます。



SDIM4686
SIGMA SD1 Merrill + 50-100mm F1.8 DC HSM | Art




SDIM4651
SIGMA SD1 Merrill + 50-100mm F1.8 DC HSM | Art




SDIM4726
 SIGMA SD1 Merrill + 50-100mm F1.8 DC HSM | Art




SDIM4783
SIGMA SD1 Merrill + 50-100mm F1.8 DC HSM | Art



最後のは、ピントは来てるのに手ブレという残念な例です。(笑)

ピント合わせの真打ちはsd Quattroのライブビューかと思っていましたが、
ここまで「SD1 Merrill補完計画」が現実のものとなると、
リアルなMerrill画質と相まって、この弐号機に軍配が上がります。

うれしいような、少し悲しいような実戦投入実験でした…。



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
[最近] THUMBNAIL GALLERY
  • 朝の小径
  • 朝の小径
  • 朝の小径
  • ES(IT)
  • ES(IT)
  • ES(IT)
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • Return to Okinawa
  • 独逸街角散歩
  • 独逸街角散歩
  • 独逸街角散歩
  • Storefronts 2
  • Storefronts 2
  • 構想の死角
  • 構想の死角
  • 構想の死角
  • 沼島、再び
  • 沼島、再び
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • NYC Street Photography 49
  • Williamsburg Bridge
  • Carnegie Hall
  • Carnegie Hall
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • NYC Street Photography 48
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • Harry Potter and the Cursed Child
  • 令和モダン
Search (記事検索)
月別アーカイブ
アクセス(ユニーク)数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Amazonの写真集販売は終了しました。
Jersey Stories (SF World of Photos)
saikin_photo (SF)
2014


お問合せはgmailのsaikin.photoまで

≪ プロフィール ≫


saikin_photo

= Saikin Foto
= SF が正体です。

メインサイト(旧)はこちら
SF World of Photos

ワイン話は別ブログで
Red Red Wine


© All Rights Reserved.
無断複製転載禁止します。


コチラもどうぞ…



  • ライブドアブログ